MERSコロナウイルスの概要

更新: 2018年11月

MERSコロナウイルスとは

2012年に、呼吸器疾患を引き起こす新しいウイルスが世界に知られるようになりました。このウイルスは、影響を受けた地域を反映して、「中東呼吸器症候群コロナウイルス」(MERSコロナウイルス)と命名されました。

感染源は確定していませんが、ヒトコブラクダまたは生のヒトコブラクダの製品との接触ではないかと考えられています。 医療現場での症例も報告されてはいますが、ヒトからヒトへの感染は限られたものになっています。

ヒトの感染

2012年以来、全世界で2,200件以上の症例が確認されました。感染者のうち3分の1が死亡しています。 特定されたすべての症例はアラビア半島に関連しており、患者はアラビア半島に居住していたか、渡航したか、アラビア半島から移民したか、アラビア半島への渡航者と濃厚接触していました。 症例の約65%は男性です。 すべての年代が影響を受けていますが、40歳から50歳の年齢層が最も多くなっています。

症例の感染源は、アラビア半島のほとんどの国々です (すべての国のリストを見るにはこちらをクリック

アラビア半島で感染した患者の一部は他の国に渡航し、渡航先でMERSコロナウイルスに感染していると診断されました(輸入例) (すべての国のリストを見るにはこちらをクリック

ヒトに対するリスク、 パンデミックの可能性

リスクがあるのは以下のような人々です。

  • ヒトコブラクダまたは生のヒトコブラクダ製品に暴露する人々。 感染がどのように発生するかはまだ不明ですが、MERSコロナウイルスは一部のヒトコブラクダに見つかっています。 研究によれば、山羊やヒツジなどのその他の動物、またはこれらの生の、あるいは十分に加熱調理されていない製品(ミルク、肉)と直接接触することも原因になる可能性が指摘されています。
  • 確定例または疑い例と接触する医療従事者。
  • 確定例との濃厚接触者。
  • 最近アラビア半島に渡航した人々と、これらの人々の濃厚接触者。

既存の併存疾患(糖尿病、腎不全、慢性肺疾患)をもつ場合、または免疫機能が弱っている場合は、リスクが高くなります。

症状、診断、治療、予防の詳細についてはこちらをクリック

ヒトからヒトへの感染

限られた数のヒト-ヒト感染が発生しており、地域社会での比較的小規模な感染や、医療現場での大規模感染を引き起こしています(これらは2次感染)。 ただし、WHOは「地域社会でヒト-ヒト感染が持続的に発生するという証拠はない」と述べています。また、2次感染における症状は1次感染よりも軽くなっています。 2015年に大量発生した2次感染は、病院における感染予防措置が不十分であったことが主な原因でした。

MERSコロナウイルスでは次の状況が発生する可能性があります。

  • 引き続き中東に集中して発生し、他の国々への輸出例が散発的に発生する。
  • 中東以外の国々で1次感染が検出される。
  • 感染例が減少するか、なくなる。ウイルスの感染源が特定され、ヒトへの感染が減少するか、抑止された場合。
  • ヒトに対して適応し、ヒトからヒトに簡単に感染するようになる(地域的な流行を引き起こす可能性がある。また、別の大陸に広がれば、パンデミックになる可能性がある)。

全世界のMERSコロナウイルス活動概観

大量感染が発生した中東の国:

  • 2018年 - サウジアラビア、クウェート、オマーン
  • 2017年 - サウジアラビア、レバノン、オマーン、カタール、アラブ首長国連邦
  • 2016年 - サウジアラビア、バーレーン、オマーン、カタール、アラブ首長国連邦
  • 2015年 - サウジアラビア、イラン、ヨルダン、オマーン、カタール、アラブ首長国連邦

大量感染が発生したその他の国:

  • 2018年 - マレーシア(サウジアラビアから輸入)、韓国(クウェートで感染)、英国(サウジアラビアで感染)
  • 2016年 - オーストリア、タイ
  • 2015年 - 中国、ドイツ、フィリピン、韓国、タイ